接遇を見直しませんか? 介護職に接遇が必要な3つの理由

2017年08月10日

#

介護職にとって“接遇”は、利用者やその家族と良好な関係を築いて、よりよい介護を行うために必要なスキルです。しかし、介護現場であたり前にしていることが、実は周囲の人を不快にさせていることも。この機会に自分の接遇を見直してみましょう。

1 利用者の尊厳を守るため
利用者が心地よく生活ができるように、人生の先輩である利用者に敬意をもって接することが大切です。それには、礼儀正しい態度や言葉づかいが欠かせません。

2 チームで気持ちよく仕事をするため
介護はチームで行っているので、一緒に働く職員と良好な人間関係を築くことが重要。あいさつや言葉づかいのマナーは、チームワークよく働くための基本です。

3 スムーズな介護のため
利用者との人間関係が良好でなくては、気持ちよくサービスを受けてもらえません。相手を尊重した節度あるマナーを身につけることで、介護をスムーズにします。
監修/蜂谷英津子(はちや えつこ)
HOTシステム株式会社 代表取締役。介護人材育成コンサルタント。大手デパートや外資系ホテルのVIPゲストの担当を経て、介護事業所で接遇マナーやコミュニケーション研修等の講師を務める。2010年にHOTシステムを設立し、現職に。著書に『介護職のための接遇マナー』(介護労働安定センター)等がある。

イラスト/尾代ゆうこ
このページを印刷する このページのURLをメールで送る

この記事が掲載されている号

#

レクリエ 2017 9・10月号52ページに掲載

おもなレク
レク1 秋の壁画 コスモスの丘
レク2 お月見の吊るし飾り
レク3 敬老会のカード
レク4 排泄のための体操&ゲーム
レク5 見直してみませんか?あなたの接遇
レク6 認知症ケア~食事介助編
内容を詳しく見る amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う

お知らせ

お知らせの一覧を見る

今日は何の日?

12月18日

東京・銀座のガス灯点火
日本初の街灯は1872(明治5)年に、横浜の馬車道通りに灯されたガス灯ですが、それから2年後の12月18日、東京の銀座通りにも80基以上のガス灯が灯りました。
今月の暦を見る

記事を探す

レクを探す
話のネタを探す
読み物を探す
レク素材を探す
レクリエ本誌
レクリエ公認ブログ
LINE@
レクリエブックス
レクリエチャンネル
介護クリップ