うまくいかないのはなぜ? 衣服を脱ぐのを嫌がる人への声かけ[認知症ケア]

2017年04月26日

#

Q 衣服を脱ぐのを嫌がる人へどう対応したらいいでしょうか?
脱衣所まではスムーズに誘導できるBさんですが、脱衣がうまくいきません。声をかけながら衣服を脱がそうとすると体を縮こまらせてしまいます。力が入っているので、無理に引っ張るわけにもいかず、困っています。

20170426_02


A まず利用者の様子を把握し、脱衣をサポートする声かけを
【対応のポイント】
入浴は時間が長くかかるため、利用者が不快に思ったり、疲れて嫌になったりすることが多くなります。どの段階で、自分のどのような対応が入浴を嫌がる原因になったのか、振り返り確認しておくことが大切です。特に、脱衣という行為は羞恥心を伴うため、配慮が必要です。

失認・失行などのある人には、目を見ながらゆっくり「お風呂ですから脱ぎましょうね」などと声をかけてから、衣服に触れるようにします。また、介護者が自分の衣服に手をかけて「自分で脱いでみます?」と脱ぐまねをしてみせると、自分から脱ぎ始めることも。利用者が混乱して落ち着きを失った時は無理強いせず、一旦入浴をやめることも必要です。
監修/伊東美緒
東京都健康長寿医療センター研究所研究員、看護師、保健師。介護施設や在宅での認知症ケアを研究。著書に『認知症の方の想いを探る~認知症症状を関係性から読み解く』など。

文/高野千春 イラスト/田上千晶
このページを印刷する このページのURLをメールで送る

この記事が掲載されている号

#

レクリエ 2017 5・6月号60-61ページに掲載

おもなレク
レク1 みんなで作る壁画 満開の藤棚
レク2 こいのぼりの吊るし飾り
レク3 ホットプレートで作る蒸しパン
レク4 入浴・着脱のためのレク
レク5 ケアに生かす介護記録の書き方
レク6 認知症ケア~入浴の声かけ編
内容を詳しく見る amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う

お知らせ

お知らせの一覧を見る

今日は何の日?

10月22日

時代祭
時代祭は平安神宮の創建と平安京への遷都1100年を祝う行事として、始められました。桓武天皇が長岡京から平安京に都を移した日を記念してこの日に行われています。
今月の暦を見る

記事を探す

レクを探す
話のネタを探す
読み物を探す
レク素材を探す
レクリエ本誌
レクリエ公認ブログ
LINE@
レクリエブックス
レクリエチャンネル
介護クリップ