介護記録の書き方 書くことがない時の介護記録の書き方

2017年04月20日

#

ポイントを絞って利用者を「見る」
書くことがないのは、実は、利用者をしっかり見ていないことが原因です。利用者の生活が、毎日、まったく同じということはありません。状態が落ち着いている利用者も、食事、入浴、排泄など、一つのシーンに注目して観察を続けると、微妙な違いが見つかります。日々の違い、そこに表れたその人らしさを記録していきましょう。
(例)浴槽につかると「あ~」と声を出し、目をつぶって気持ちよさそうな表情をした。

「できること」「できないこと」を知る
自立に向けた支援を行うには、利用者の「できること」「できないこと」を把握することが大切です。例えば、ベッドから車いすへの移乗の際、いつも機械的にやっていると、その利用者が、端座位になる、立位をとるなど、移乗のプロセスのどこができないのかを、正確に把握できません。それらを見極めた上で、できることを引き出すケアを提供し、記録に残します。
(例)ベッドから車いすへの移乗では、立位で右足に力が入り、膝折れなく移乗できた。

自分から引き出すのもOK
いつも大きな変化のない利用者の場合、ケアの目標を意識しつつ、いつもと違う働きかけで反応を見るのも一つの方法です。孫の話しかしない利用者に娘さんのことを聞いてみる、食事はいつも全介助の利用者にスプーンを渡してみるなど、思ったような反応がなくても、その結果を記録することで次のケアのヒントになります。
(例)食事の時、スプーンを渡してみるが特に動かすことなく、介助者が口に食べ物を運ぶのを待っていた。
柳本文貴
NPO法人グレースケア機構代表。介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員。老人保健施設等の勤務を経て現職。長時間ケア、娯楽ケアなどの自費サービス、訪問介護、研修事業等に取り組む。

鈴木順子
NPO法人グレースケア機構スタッフ。介護福祉士、介護支援専門員、保育士。訪問介護、有料老人ホーム、認知症グループホーム等での勤務を経て現職。利用者をきめ細かに見つめる目を持つ。

文/宮下公美子 イラスト/尾代ゆうこ
このページを印刷する このページのURLをメールで送る

この記事が掲載されている号

#

レクリエ 2017 5・6月号53ページに掲載

おもなレク
レク1 みんなで作る壁画 満開の藤棚
レク2 こいのぼりの吊るし飾り
レク3 ホットプレートで作る蒸しパン
レク4 入浴・着脱のためのレク
レク5 ケアに生かす介護記録の書き方
レク6 認知症ケア~入浴の声かけ編
内容を詳しく見る amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う

お知らせ

お知らせの一覧を見る

今日は何の日?

6月25日

蒲田撮影所が開所
蒲田といえば、映画のイメージがありますね。松竹キネマの現代劇映画スタジオとして、1920(大正9)年の6月25日に蒲田撮影所が開所しました。
今月の暦を見る

記事を探す

レクを探す
話のネタを探す
読み物を探す
レク素材を探す
レクリエ本誌
レクリエ公認ブログ
LINE@
レクリエブックス
レクリエチャンネル
介護クリップ