認知症ケアQ&A 認知症ケア、うまくいかないのはなぜ?【2】

2017年02月22日

#

しっかり観察してサインをケアに結びつける
認知症の人が発するサインは、イライラやソワソワなど「落ち着きのなさ」として現れることが多くなります。これが、大声や暴力、徘徊といったBPSD(行動・心理症状)につながる一歩手前の状態なのです。


たとえば、何度も誘ってようやくアクティビティに参加した利用者——こうした利用者に対し、その様子をしっかり観察してみましょう。


介護者の誘導で、しぶしぶやらされているという表情・態度が現れていたら、それがサイン。話しかけても聞こえないふりをする、目を合わせないなど、かかわらないようにすることもサインの1つです。


このようなサインから、その人が「自分がどのような状況に置かれていると感じているか」を推測できれば、介護者がそれに合わせて柔軟にケアを変え、展開していくことが可能になります。

監修/伊東美緒
東京都健康長寿医療センター研究所研究員、看護師、保健師。介護施設や在宅での認知症ケアを研究。『認知症の方の想いを探る~認知症症状を関係性から読み解く』著者。

文/高野千春 イラスト/祖父江ヒロコ
このページを印刷する このページのURLをメールで送る

この記事が掲載されている号

#

レクリエ 2017 3・4月号58ページに掲載

おもなレク
レク1 みんなで作る春の壁画「霞の山桜」
レク2 3・4月の制作「カード風おひなさま」
レク3 毎月作ろう!季節のカレンダー
レク4 「転倒防止」のためのレク
レク5 介護保険制度改正でどうなる?
レク6 簡単準備でできる脳トレ
内容を詳しく見る amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う

お知らせ

お知らせの一覧を見る

今日は何の日?

6月26日

世界格闘技の日
今日は「世界格闘技の日」です。1976(昭和51)年6月26日に「アントニオ猪木VS.モハメド・アリ 格闘技世界一決定戦」が行われたことを記念しているそうです。
今月の暦を見る

記事を探す

レクを探す
話のネタを探す
読み物を探す
レク素材を探す
レクリエ本誌
レクリエ公認ブログ
LINE@
ネットで買える特選レクリエ ペタボー マグネット吹き矢 ミラクルグリップ
レクリエブックス
レクリエチャンネル