効果を上げる回想法 ケアに生かすための回想法~グループ回想法

2016年03月02日

#

回想法には、1対1で行う個人回想法と、5~10人程度で行うグループ回想法があります。個人回想法は心理療法的な意味合いが強いので、介護施設で行うにはグループ回想法が適しています。

集団で取り組むメリットは、お互いの話に刺激を受け、記憶がより鮮明によみがえり、話題が広がりやすいことです。さらに同じ時代に生きた者だからこそわかる、苦しみや悲しみ、喜びなどを共有するうちに仲間意識も芽生えます。

例えば、認知症のあるAさんは、参加当初は表情も乏しく、ほかの人の話への反応もありませんでした。けれどある時、年齢の近いBさんの苦労話を自分のことのように感じ、共感したことから気持ちが通じ合い、やがてほかの参加者へも関心が広がり、表情もやわらかくなっていきました。

認知症であっても相手を気遣う感情は残っているので、仲間ができて生きがいを感じることで、心は徐々に満たされていきます。笑顔が増えたり、言葉遣いが優しくなったり、さまざまな変化が起きるのは、不思議なことではありません。

人とのつながりのなかで、一人の人間として認められ、尊重され、共感や思いやり、信頼を得られることこそ、グループ回想法の醍醐味なのです。
監修/梅本充子
日本福祉大学看護学部看護学科准教授。2002年より回想法にかかわり、イギリス回想法センターで3回の回想法研修を修了。グループ回想法の普及に努めている。著書に『グループ回想法実践マニュアル』(すぴか書房)など。

イラスト/藤原ヒロコ
このページを印刷する このページのURLをメールで送る

この記事が掲載されている号

#

レクリエ 2016 3・4月号52ページに掲載

おもなレク
レク1 みんなで作る春の壁画「桜の並木道」
レク2 ガチャポンカプセルで作る「コロコロおひなさま」
レク3 認知症の人のための少人数レク
レク4 回想法 もっと効果を上げるには?
レク5 認知症ケア“理由を探る”レッスン
レク6 今日は何の日?~暮らしの歳時記3・4月~
内容を詳しく見る amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う

お知らせ

お知らせの一覧を見る

今日は何の日?

8月22日

タモリの誕生日
今日はタレントのタモリの誕生日。1945(昭和20)年8月22日生まれで72歳。本名は森田一義です。『笑っていいとも!』の司会を31年つとめ、ギネスブックに載りました。
今月の暦を見る

記事を探す

レクを探す
話のネタを探す
読み物を探す
レク素材を探す
レクリエ本誌
レクリエ公認ブログ


LINE@
レクリエブックス
レクリエチャンネル
介護クリップ