誌面 認知症ケア~食事介助編

2017年08月01日

#

食事は、栄養摂取という目的のためだけでなく、生活を彩る楽しみでもあります。特に、生活が単調になりがちな利用者にとって、食事は大きな楽しみです。介護者もそれを意識して、少しでも楽しく食べてもらえるよう、柔軟な対応を心がけることが大切です。

監修/伊東美緒
東京都健康長寿医療センター研究所研究員、看護師、保健師。介護施設や在宅での認知症ケアを研究。著書に『認知症の方の想いを探る~認知症症状を関係性から読み解く』など。

文/高野千春 イラスト/田上千晶
このページを印刷する このページのURLをメールで送る

この記事が掲載されている号

#

レクリエ 2017 9・10月号58-59ページに掲載

おもなレク
レク1 秋の壁画 コスモスの丘
レク2 お月見の吊るし飾り
レク3 敬老会のカード
レク4 排泄のための体操&ゲーム
レク5 見直してみませんか?あなたの接遇
レク6 認知症ケア~食事介助編
内容を詳しく見る amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う

お知らせ

お知らせの一覧を見る

今日は何の日?

12月17日

浅草寺羽子板市
昔から浅草の観音市は江戸一番の蔵の市として知られ、羽子板も売られていました。現在は、浅草寺境内で毎年「羽子板市」として別に開催されています。
今月の暦を見る

記事を探す

レクを探す
話のネタを探す
読み物を探す
レク素材を探す
レクリエ本誌
レクリエ公認ブログ
LINE@
レクリエブックス
レクリエチャンネル
介護クリップ