誌面 医療連携での介護職の役割

2017年06月01日

#

介護を必要とする高齢者は、何らかの疾患を抱えていたり、虚弱なため体調が急変したりすることがあります。こうした高齢者を支えていくためには、介護と医療の連携が不可欠です。地域包括ケアシステムで介護と医療との連携が重要視されるなか、介護職が果たすべき役割について考えてみましょう。

監修/苛原 実(いらはら みのる)
いらはら診療所院長。医学博士。千葉県内で訪問看護、リハビリテーション、老人ホーム等を展開しながら、訪問診療を続けている。現在、在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク会長も務める。『ケアマネ必携! 医療知識ハンドブック─高齢者の病気とくすり』(中央法規出版)など著書多数。

イラスト/ささきともえ
このページを印刷する このページのURLをメールで送る

この記事が掲載されている号

#

レクリエ 2017 7・8月号52-53ページに掲載

おもなレク
レク1 夏の壁画 海辺のハイビスカス
レク2 伝承の飾りで「七夕リース」
レク3 口腔・食事のための体操&ゲーム
レク4 ホットプレートでスティックお好み
レク5 認知症ケア~入浴のケア編
レク6 医療連携での介護職の役割
内容を詳しく見る amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う

お知らせ

お知らせの一覧を見る

今日は何の日?

11月23日

勤労感謝の日
「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」日として、1948(昭和23)年に制定された国民の祝日です。戦前はこの日を「新嘗祭」と呼びました。
今月の暦を見る

記事を探す

レクを探す
話のネタを探す
読み物を探す
レク素材を探す
レクリエ本誌
レクリエ公認ブログ
LINE@
レクリエブックス
レクリエチャンネル
介護クリップ