誌面 認知症ケア~入浴の声かけ編

2017年03月31日

#

認知症の利用者は、認知機能がより低下してくると入浴を嫌がることが多くなります。その理由の1つにあるのが、介護者によってもたらされた「嫌な記憶」。入浴を介助するなかで、どのような対応が利用者を嫌な気持ちにさせているのか、2つの事例から考えてみましょう。

監修/伊東美緒
東京都健康長寿医療センター研究所研究員、看護師、保健師。介護施設や在宅での認知症ケアを研究。著書に『認知症の方の想いを探る~認知症症状を関係性から読み解く』など。

文/高野千春 イラスト/田上千晶
このページを印刷する このページのURLをメールで送る

この記事が掲載されている号

#

レクリエ 2017 5・6月号58-59ページに掲載

おもなレク
レク1 みんなで作る壁画 満開の藤棚
レク2 こいのぼりの吊るし飾り
レク3 ホットプレートで作る蒸しパン
レク4 入浴・着脱のためのレク
レク5 ケアに生かす介護記録の書き方
レク6 認知症ケア~入浴の声かけ編
内容を詳しく見る amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う

お知らせ

お知らせの一覧を見る

今日は何の日?

6月25日

蒲田撮影所が開所
蒲田といえば、映画のイメージがありますね。松竹キネマの現代劇映画スタジオとして、1920(大正9)年の6月25日に蒲田撮影所が開所しました。
今月の暦を見る

記事を探す

レクを探す
話のネタを探す
読み物を探す
レク素材を探す
レクリエ本誌
レクリエ公認ブログ
LINE@
レクリエブックス
レクリエチャンネル
介護クリップ