誌面 認知症ケアのための環境づくり

2016年10月03日

#

認知症の人は、配慮がなされていない住環境では、周囲の状況を理解できずに混乱し、症状も進んでいきます。逆に認知症の人のために環境を整備すると、進行が緩和されると言われます。環境づくりの重要性を考えてみましょう。

監修/児玉桂子
日本社会事業大学名誉教授、ケアと環境研究会代表、工学博士。「認知症高齢者に配慮した施設環境づくり支援プログラム」を開発し、「認知症高齢者への住まいの工夫」の研究と実践で成果を上げている。

取材協力/社会福祉法人練馬区社会福祉事業団富士見台特別養護老人ホーム・富士見台デイサービスセンター
このページを印刷する このページのURLをメールで送る

この記事が掲載されている号

#

レクリエ2016 特別号42-43ページに掲載

おもなレク
レク1 認知症の人と楽しむ制作
レク2 アクティビティ・ケア
レク3 今からはじめる園芸療法
レク4 認知症ケアのための環境づくり
レク5 認知症のBPSD
レク6 認知症の人がぬりやすいぬり絵
内容を詳しく見る amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う

お知らせ

お知らせの一覧を見る

今日は何の日?

11月21日

世界ハロー・デー
この日に10人の人にあいさつをすることで、世界中の指導者たちに「紛争よりも対話を」というメッセージを伝えようと、第四次中東戦争をきっかけに制定されました。
今月の暦を見る

記事を探す

レクを探す
話のネタを探す
読み物を探す
レク素材を探す
レクリエ本誌
レクリエ公認ブログ
LINE@
レクリエブックス
レクリエチャンネル
介護クリップ