「もの忘れカフェ」の現場から 認知症ケアのヒント

2013年11月01日

#

若年性・軽度認知症の人へのケアは、その人の病気の症状、本人の気持ち、介護現場の環境という3つの視点に配慮することが大切です。それを実践しているのが、藤本クリニック(滋賀県守山市)「もの忘れカフェ」。全国的にも注目されるその取り組みから、ケアの手がかりを見つけましょう。

このページを印刷する このページのURLをメールで送る

この記事が掲載されている号

#

レクリエ 2013 冬号56,57ページに掲載

おもなレク
レク1 みんなで作る 季節の壁画
レク2 「伝統」を新鮮な技法で 冬の行事制作
レク3 下肢運動を取り入れたゲームレク
レク4 “男性を惹きつけるデイ”の工夫
レク5 認知症ケアのヒント
レク6 病気と対処法 冬の皮膚トラブル
内容を詳しく見る amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う

お知らせ

お知らせの一覧を見る

今日は何の日?

11月21日

世界ハロー・デー
この日に10人の人にあいさつをすることで、世界中の指導者たちに「紛争よりも対話を」というメッセージを伝えようと、第四次中東戦争をきっかけに制定されました。
今月の暦を見る

記事を探す

レクを探す
話のネタを探す
読み物を探す
レク素材を探す
レクリエ本誌
レクリエ公認ブログ
LINE@
レクリエブックス
レクリエチャンネル
介護クリップ